コナミメソッドまとめ メニュー
田中佑典選手直伝!バク転をマスターするコツと教え方

田中佑典選手直伝!
バク転をマスターする
コツと教え方

ダイナミックな動きのバク転は、体操競技やダンスの花形。「一度はやってみたい」と思っても、難易度が高い大技です。田中佑典選手のお手本とともに、バク転のやり方と教え方のポイントをご紹介します。

1.バク転を始める前に【田中選手のお手本】

バク転を始める前の準備体操

バク転の練習は、次の3つの条件を満たしている方のみチャレンジしてください。

  1. ① 壁倒立ができる
  2. ② ブリッジができる
  3. ③ 補助者がいる

条件をクリアしている人は、さっそく準備体操から始めてみましょう。

※ お手本動画を見てチェックしよう!

バク転の写真

①まずは、バク転時に全体重がかかる手首の柔軟体操から。手の甲を床につけて、ひじをしっかりと張ったまま体重をかけて伸ばします。手首を水平方向に360度回転させてほぐしましょう。


POINT全身の体重がかかるので、しっかり行う。

バク転の写真

②腰と肩の柔軟運動を行います。四つん這いになったら、腰を後ろに引きながら腕を前へ伸ばしていきましょう。一度、姿勢を四つん這いに戻したら、今度はひじを張ったまま腰を前に倒していきます。


POINT顔を上向きにする。

バク転の写真

③ブリッジを行います。頭を床から浮かせ、身体を前後に揺らしてください。

2.2つのステップのコツをつかんで、バク転をマスターしよう

※ お手本動画を見てチェックしよう!

バク転のコツは2つのステップで押さえることができます。

STEP1. 踏み切り…腕の振り方&蹴りのタイミングをおさえる

バク転の写真

①腕をまっすぐ上げてバンザイします。

バク転の写真

②膝を曲げながら、肩の高さまで腕を下ろします。


POINT重心はやや後ろに置き、膝を前に出しすぎないように注意する。

バク転の写真

③床を蹴る瞬間に、腕を頭のほうに向かって振り上げます。


POINT床を蹴り出す時は、つま先で床を押すようなイメージを持つ。

STEP2. 回転…姿勢や力の入れ方を身に着ける

バク転の写真

①背中が反るように意識しつつ、目線の先は手をつく位置に合わせます。


POINT回転中は体が縮こまってしまわないよう注意する。

バク転の写真

②マットに手をついたら、倒立の姿勢を超えてから身体の回転の勢いに合わせて床を突き放します。 着地の際は足の裏全体で身体を支え、膝をクッションにしてあげましょう。


POINTひじを伸ばしたまま、肩の力でマットを押す。

3.バク転の教え方のコツ

STEP1. まずはイメトレ!ジャンプの練習

※ お手本動画を見てチェックしよう!

バク転の写真

①まずは、後ろへ跳ぶ直前までのイメージを具体化しましょう。 補助者が背中を支えながら、お子さんは手を下ろしていき、膝を曲げながら重心を後ろへ持っていきます。


POINTタイミングと感覚がつかめるまで、反復練習を行う。

バク転の写真

②続いて、ジャンプの練習です。補助者はお子さんの横について立て膝で、背中と太ももの後ろの二点を支えましょう。


POINT重心はやや後ろに置き、膝を前に出しすぎないように注意する。

バク転の写真

③身体が大きい子の場合は、背中合わせで立ち、お子さんの腕を引っ張り上げながら回転をサポートしてください。


POINT恐怖心を克服するために、回転の感覚をつかむ。

STEP2. 回転の感覚をつかもう!

※ お手本動画を見てチェックしよう!

バク転の写真

①まず、お子さんの背中を支えるものを準備します。補助者は背中と太ももの後ろを支え、スムーズな回転を手助けしてあげましょう。


POINT自宅で行う場合は、大きめのバランスボール、またはそれに準ずる高さのある「柔らかい台」を使用する。

バク転の写真

②しっかりと体重を支えられるように、あまり遠い位置に支えを置かないよう注意してください。きちんと力が入る位置がベストです。


POINT後ろへ倒れ込んだ時に手を着地させる位置をきちんと見ること。

バク転の写真

③踏み切りと回転のステップを組み合わせて、いよいよ後ろへ跳ぶ練習です。 安全のために、補助者は必ずお子さんが倒立の姿勢を超えるまで、腰と膝裏を支えましょう。

4.「バク転のコツ」おさらい

田中選手のお手本や解説を参考に、正しい姿勢と動きを身に着けてくださいね。最後に「バク転」のポイントをおさらいしましょう。

  1. ① 膝を曲げると同時に、バンザイした腕を肩の高さまで下ろし、踏み切るタイミングで遠くに振る。
  2. ② 重心はやや後ろに置き、膝を前に出しすぎないよう注意し、床を蹴り出す時はつま先で床を押すイメージで。
  3. ③ 回転時は背中が反るように意識しつつ、目線の先は手をつく位置に合わせる。
  4. ④ マットに手をついたら、倒立姿勢を超えてから身体の回転の勢いに合わせて床を突き放す。コツは、ひじを伸ばしたまま、肩の力でマットを押すこと。
  5. ⑤ 着地は足の裏全体で身体を支え、膝をクッションにする。

まずはバク転をする時の回転の感覚を身体で覚え、しっかりとイメージをつかむことが肝心です。反復して練習するうちに、徐々に恐怖心が克服できるはず。バク転をマスターしたら、きっと大技を決める楽しさにハマってしまいますよ!

コナミメソッドまとめ

おすすめ関連動画